▪️ディスアビリティ・スタディーズ


▪️障害学/ディスアビリティ・スタディーズ

  • 小川喜道・杉野昭博編著.2014.『よくわかる障害学』ミネルヴァ書房.
  • 中西正司上野千鶴子.2003.『当事者主権』岩波新書.
  • 中西正司上野千鶴子(編著)2008『ニーズ中心の福祉社会へ-当事者主権の次世代福祉戦略』医学書院.

▪️優性思想 

  • 横塚晃一.2010.『母よ! 殺すな(第2版)』生活書院. 第1版は、『母よ! 殺すな』として生活書院より刊行された。
  • 安積純子・岡原正幸・尾中文哉・立岩真也.2013.『生の技法 第3版』生活書院.
  • 優生思想を問うネットワーク(編).2003.『知っていますか? 出生前診断一問一答』解放出版社.
  • 堤愛子.2003.「優生思想が生んだ女性障害者の子宮摘出—日本にもある強制不妊手術」優生手術に対する謝罪を求める会.(編)『優生保護法が犯した罪』現代書簡.pp.40-50.
  • 瀬山紀子.2002.「声を生み出すこと―女性障害者運動の軌跡」石川准・倉本智明(編)『障害学の主張』pp.145-174.
  •  渡部麻衣子.2014.「医学の「まなざし」・家族の「まなざし」―出生前検査の投げかける問い」 玉井真理子・渡部麻衣子編著『出生前診断とわたしたち―「新型出生前診断」(NIPT)が問いかけるもの』生活書院.