■ Profile


 

 

 

 

 

 

 

 

 撮影・小宮山裕さん。

 

岩川ありさ(いわかわ・ありさ) 

 

1980年兵庫県生まれ。専攻は、日本現代文学、クィア・スタディーズ、トラウマ研究。多和田葉子らの作品を中心に、傷ついた経験をいかに語るのか、社会や言語、歴史との関わりにおいて研究しています。2017年度、「文學界」で新人小説月評を担当しました。BL短歌「共有結晶」参加。Feminist,Queer。

 

・2012 東京大学「共生のための国際哲学研究センター」L2「共生のための障害の哲学」RA(UTCP *UTCPメンバーページはこちら

・2012-2016 文教大学非常勤講師(「ジェンダーの視座から共生を考える」)

・2013-2014 日本学術振興会特別研究員DC2(2013年度-2014年度)

・2013-現在  立教大学兼任講師(「しょうがいと人権」、「人権思想の根源」、「世界文学論」)

2013-2017 上尾看護専門学校 非常勤講師(「看護と文学」)

2015-2017 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部付属教養教育高度化機構リベラルアーツ・プログラム教務補佐員。

2016-2017  大妻女子大学 非常勤講師(映像演劇の世界、文学文化の理論、比較文学)

2016-2017  日本大学 非常勤講師(文芸批評史、大衆文学・文化論)

2016-2017 早稲田大学(ジェンダー・スタディーズ)

2018- 法政大学国際文化学部 専任講師

 

 


Researchmapの詳しい研究者情報はこちら