『文學界』2017年2月号に「新人小説月評」第1回が掲載中です

今年一年、『文學界』で「新人小説月評」を担当します。2017年、たくさんのいい小説を見つけたいと思います。初回は、上田岳弘さん「塔と重力」(『新潮』1月号)、高橋弘希さん「踏切の向こう」(『すばる』1月号)の2作。どちらも力作です。http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/