福間健二・著『佐藤泰志  そこに彼はいた』の書評が『文藝』2015年春号に掲載されました


『文藝』2015年春号に、福間健二さんの著書『佐藤泰志 そこに彼はいた』(河出書房新社)の書評を寄せました。佐藤泰志さんは1990年に亡くなった作家。昨年には『そこのみにて光輝く』が映画化され、多くの読者をえています。福間さんの本は、対話するように佐藤文学を鑑賞した名著。お薦めです。