【終了いたしました】UTCPシンポジウム「新たな普遍性をもとめて――小林康夫との対話」のお知らせ

小林康夫先生の退職記念シンポジウムです。

  • 2015年1月24日(土) 13:00-19:00
  • 東京大学駒場キャンパス学際交流ホール(アドミニストレーション棟3階)
  • 使用言語:日本語|入場無料|事前登録不要
  • 詳しくは、こちら→http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/events/2015/01/kobayashi/


12:00 開場/プレ・シンポジウム(関連映画上映)


 1『眼の底』(撮影・編集/平倉圭)

 2『いたい棘 いたくない棘』(撮影・編集/内藤久義)

 3『もうひとつのEND』(撮影・編集/西山雄二)

 4『どこにもない場所のための祈り』(編集/西山雄二)


13:00 シンポジウム(総合司会 西山雄二)


13:00 問いへの問い———— 小林康夫


13:10 第1部 超・実存から/への思考

 第1回答 「運命と傷」———— 國分功一郎

 第2回答 「モーセの問いから」———— 大池惣太郎

 コメンテーター 森元庸介/佐藤朋子/西山達也


14:45 第2部 神秘的なものの扉

 第1回答 「誰かと肩を並べて共に歩く」———— 柳澤田実

 第2回答 「魔術的リアリズムについて」———— 岩川ありさ


15:45 第3部 日本(語)の思考の可能性

 第1回答 「trans-Asiaの可能性」———— 橋本悟

 第2回答 「humanitasとantropos」———— デンニッツァ・ガブラコヴァ

 コメンテーター 金杭/王前


17:30 総括 資本主義の彼方

 第1回答 「リオタール再読」———— 星野太

 第2回答 「動物と資本主義」———— 平倉圭

 コメンテーター 大橋完太郎/森田團


18:45 「それでも希望をかたる」———— 小林康夫