【終了】11/7(金)・多和田葉子さんイベント「朗読、笑い、お話ー反対運動におけるユーモアの住処としての身体と言語」のお知らせ


11月7日(金)に、下北沢・本屋B&Bにて、多和田葉子さんとイベントを行います。

平日の昼間ですが、お越し下さいますことを心よりお持ち申し上げております。

 

多和田葉子さんイベント

「朗読、笑い、お話ー反対運動におけるユーモアの住処としての身体と言語」

 

・日時:2014年11月7日(金)  15:00~17:00 (14:30開場)
・場所:本屋B&B(東京都世田谷区北沢2-12-4 2F)
     Map→http://bookandbeer.com/map/

・入場料 :1500円 + 1 drink order(計2,000円)

・出演者:多和田葉子(作家)

      聴き手:岩川ありさ(現代日本文学)

・主催: 本屋B&B


  ★申し込みが必要です。下のURLからお申し込みください。

http://bookandbeer.com/blog/event/20141107_tawadayoko/

 

 日本語とドイツ語のあいだに「詩的な峡谷」を見出しながら創作を続けている作家・

多和田葉子さんをお迎えし、「反対運動におけるユーモアの住処としての身体と言語」を

テーマにお話をうかがいます。

 

 多和田さんは、近年、「不死の島」(『それでも三月は、また』講談社、2012)、「動

物たちのバベル」(『すばる』2013年8月号)、「献灯使」(『群像』2014年8月号)、「

彼岸」(『早稲田文学』2014年秋号)など、「震災後文学」と呼ぶべき作品を多く発表し

ています。

 

 自ら歩いた福島の記憶、そして、文学が持つ想像力について、多和田さんの朗読とお話

をたっぷりとお届けします。

コメント: 0