4/7発売。李琴峰さんのデビュー作『独り舞』の書評を「群像」2018年5月号に書きました。

李琴峰さんのデビュー作『独り舞』の書評を書きました。セクシュアル・マイノリティが感じている疎外のことを「内離(ネーリー)」という言葉で表現していることが印象的です。2017年に群像新人文学賞優秀作を受賞したときの選考委員・多和田葉子さんは、リービ英雄、楊逸、横山悠太らの名前をあげ、「日本語における漢字とかなの関係が固定したものではないことを示」したと評しました。その点も面白い小説です。大幅加筆があり、よりいっそう主人公の「独り舞」が際立ちました。